作業員

外壁塗装は信頼のある業者に依頼がベスト!

サイディング壁のメンテ

一軒家

大阪で新しく建てられた家の多くは、サイディングという素材の壁が使われています。サイディングは吸水性があるので、外壁塗装でのメンテナンスが必要です。サイディングの場合、シーリング材に問題が起こっていれば、外壁塗装を行う目安になります。

施工実績や保証期間

作業員

千葉県で外壁塗装を依頼するなら仲介料のかからない塗装専門店がおすすめです。業者によって技術や料金に差があるので、業者選びには注意が必要です。口コミや施工実績、保証期間の長さ、自社で請け負っているかなどをチェックしましょう。見積もりは無料ですので事前に依頼しましょう。

家の外壁を塗装する

人形

塗装の種類

そろそろ自宅の外壁塗装をしようかと考えておられる方は、業者選びと共に塗装の種類も検討する必要があります。業者は東京都内であればたくさんありますし、離島を除けば東京都内であればどこでも出張してくれるので、業者を探すのは難しくありません。一方塗装の種類は依頼する側が決める必要があるので、事前に知らないと失敗する可能性もあります。外壁塗装には塗料の種類がいくつかの存在し、価格や耐久性大きな差があります。家全体を塗装するとなると高額になりやすく、コストを低く押さえたくなりますが、価格が低いものは総じて耐久性も低くなりがちです。費用と耐久性のバランスが良い塗料を選ぶのがベストです。塗料の種類は成分の違いによって、アクリルにシリコンそしてウレタンとフッ素、さらに最近登場したラジカルの5種類が一般的です。さらに光触媒など、機能性を持たせた塗料もあります。この中で最も価格が低いのはアクリルです。費用は圧倒的に低く抑えられますが、耐久性が弱く現在ではあまり用いられません。ウレタンは使い勝手が良く、多くの外壁材と相性がいい塗料です。低価格ですが性能面は後述のシリコンより低くなります。現在外壁塗装の塗料としてもっとも支持されているのが、シリコンになります。耐久性と価格のバランスがよく、コストパフォーマンスに優れた塗料です。フッ素は耐久性が非常に高い、ハイクオリティな塗料です。その分高額であり、一般家庭ではあまり使われません。ビルのような大型の建築物に向いている塗料であり、東京都心部の高層ビルなどでも良く用いられています。次世代の塗料として注目が高いラジカルは、耐久性が高い上に価格が低い塗料です。登場して間もないですが、今後シリコンに並ぶ人気塗料になると予測されています。外壁塗装業者の中ではまだ扱っていない業者もありますが、東京都内のように業者が多ければ扱っている業者も見つけやすいでしょう。

的確な作業で行ってくれる

男性

蕨市から依頼できる外壁塗装業者はたくさん存在し、適切な判断と丁寧な作業で施工にあたってもらえます。現在の外壁材は窯業系サイディングが主流となっていますが、塗料によって向き不向きがあるので把握しておきましょう。